快便のための生活習慣とは?

快便のための生活習慣とは?

生活習慣を変えれば快便になれる?

快便のための生活習慣を実行すると素晴らしいことがあなたを待っています。

便秘が解消することによって体が軽くなり、ウエストも細くなるのでダイエットにもなりますし、体の中がきれいになるのでお肌もつるつる美肌になることでしょう。



快便のための生活習慣をご紹介します。

1 便意を我慢しない

仕事中手が離せない時に便意があったり、トイレに行くのが恥ずかしくて便意を我慢してしまう経験があると思いますが、便意を我慢すると直腸に便を溜めておくことになります。

行き場を失った便からは水分が吸収され固くなってしまいます。

固い便は痔の原因にもなりますので、我慢はしないでください。

2 朝はグラス1杯の水を飲む

朝起きてすぐに1杯の水を飲むと腸が刺激されて動きます。

この時炭酸水を飲むと更に刺3激が増すので効果的です。

3 朝食にはオリーブオイル

オリーブオイルは腸を動かす働きがあります。

朝食でパンにつけたりサラダにかけたりそのまま飲んでもいいでしょう。

1日に大さじ2杯程度が目安です。

4 適度な運動をする

適度な運動をすると血行が良くなり腸の働きも良くなります。

特に腹筋を鍛えると腸の働きが良くなります。

女性は男性よりも筋肉が少ないので、腹筋を鍛えましょう。

5 水分はこまめにとる

水分が多いと腸に入ってきた時に水分が吸収されてもほど良い固さの便になりますが、水分が少ないと、吸収された後に便が固くなってしまいます。

水分はこまめにとりましょう。

6 体を冷やさない

飲み物は常温か暖かいものにしましょう。

冷たい飲み物は内臓を冷やし働きを低下させます。

食べ物の消化も遅くなるので腸にも影響します。

7 繊維質の多い食事をとる

「水溶性食物繊維」と「不溶性植物繊維」をバランス良くとりましょう。

水溶性食物繊維は腸の中で水分を逃がさないため便を柔らかくしれ、便が出やすくなります。

水溶性食物繊維:【海藻、コンニャク、フルーツ】

 

不溶性食物繊維は便の量を増やし、腸の収縮運動を活発にしてくれます。

とりすぎると便が固くなってしまうので水溶性食物繊維と組み合わせるのがおすすめです。

不溶性食物繊維:【そば・ライ麦、豆、ごぼう、切干ダイコン・いも類、キノコ類】

8 発酵食品をとる

善玉菌は腸内環境を整えてくれますが、善玉菌をつくる食品は発酵食品です。

【ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・酢・漬物】


9 リラックスする

ストレスを感じると体の筋肉が緊張して大腸の収縮運動が弱くなったり、時には激しく動きすぎて痙攣をおこしてしまいます。

心身ともにリラックスしましょう。

まとめ

快便のための生活習慣はお分かりいただけましたか?

そんなに難しいことはありませんよね?

私は慢性的な便秘に悩んできたためありとあらゆる便秘改善法を試しましたが、どの方法もはじめは効果があるのですが、その方法に体が慣れてくるとまた便秘に戻っていました。

この生活習慣を見ると、毎日の積み重ねが大事なんだと思います。

便秘症のあなたも今日から初めてみませんか?


このページの先頭へ