便秘解消のための食事

便秘解消のための食事

便秘解消のための食事といえば?

便秘解消のための食事といえば繊維でしょう!

便秘になった時は繊維が多く入った食品を食べるようにするのが一般的ですが、繊維の種類によってはかえって悪化させてしまうことがあるのをご存知ですか?



便秘解消のための食事をご紹介します。

2種類の食物繊維をバランス良く食べる

食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類がありますが、ただやみくもに食べるのではなくそれぞれの特徴を知ることで更に快便に繋がります。

 

水溶性食物繊維は腸の中で水分を逃がさないため便を柔らかくしてくれ、便が出やすくなります。

また善玉菌も増やしてくれます。沢山食べる方、ストレスが原因の便秘の方が食べると効果的です。

水溶性食物繊維:【海藻、コンニャク、フルーツ】

 

不溶性食物繊維は便の量を増やしてくれ、腸の収縮運動を活発にしてくれます。とりすぎると便が固くなってしまうので水溶性食物繊維と組み合わせると良いでしょう。小食の方、ダイエットをしている方におすすめです。

不溶性食物繊維:【そば・ライ麦、豆、ごぼう、切干ダイコン・いも類、キノコ類】

発酵食品で腸内環境を整える

肉や油の多い食事は大腸菌等の悪玉菌を増やし腸内環境を悪くします。

腸内環境が悪くなると便秘にもなりやすくなります。

善玉菌を増やしてくれる発酵食品を食べることで腸内環境が整い快便に繋がります。

発酵食品:【ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・酢・漬物】


朝からグラス1杯の水を飲もう!

水分が不足すると便が固くなってしまいます。

水分はなるべく頻繁にとりましょう。

朝起きた時にグラス1杯の水を飲むと腸が刺激され便が出やすくなります。

また炭酸水を飲むと胃を刺激し腸にまで伝わりますので効果的です。

緑茶・コーヒー・紅茶は利尿作用があるので飲みすぎないようにしましょう。

冷たい飲み物や食べ物をとりすぎない

真夏はどうしても冷たい飲み物をガブガブ飲んでアイスも食べたくなるのですが、冷たいものをとりすぎると内臓が冷えてしまい血流が悪くなって働きが悪くなります。

食べた物を消化するのも遅くなるため便秘になりやすいです。水分はなるべく常温か温めて飲むようにしましょう。

朝食はオリーブオイル

オリーブオイルは腸を動かす働きがあります。

短時間で効果が期待できるので朝食にとりましょう。

サラダにかけたり、パンにつけたりしてもいいですし、そのまま飲むこともできます。

まとめ

便秘解消のための食事はお分かりいただけたでしょうか?

私は今まで便秘になると食物繊維を食べていましたが、あまり効果が出なかったので途方に暮れていました。

食物繊維も選んで食べた方がいいことが分かったので実践したいと思います。

考えてみたら真夏は氷が入った麦茶をガブガブ飲んでいますし体も冷えていたみたいです。

自分の食生活を反省しつつ1日1回のお通じを目指して頑張りたいです。

便秘症のあなたも是非試して下さいね!


このページの先頭へ