便秘と悪玉菌の関係

便秘と悪玉菌の関係

悪玉菌が体に悪いことはよく耳にしますが、便秘とどんな関係があるのでしょうか?

悪玉菌のせいで便秘になるのだとしたら、放っておくことはできません。



そこで便秘と悪玉菌の関係について徹底的に調べてみました。

悪玉菌とは?

健康な人の腸内には善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%が共存していて、その数は約1000兆個で隙間なく存在しています。

善玉菌が増えると悪玉菌が減り、悪玉菌が増えると善玉菌が減る仕組みです。

日和見菌は善玉と悪玉の中立の立場にいて、どちらか優勢になった方に味方して同じ働きをします。

 

善玉菌は腸内環境を整えてくれる良い働きをしますし、悪玉菌は腸内環境を悪化させる悪い菌です。

一方で、悪玉菌もビタミンの合成や感染を抑えることを手伝っているので良い面もあるんです。

生後間もない赤ちゃんの腸は99%が善玉菌ですが、成長すると悪玉菌の数が増え、老化とともにどんどん増えやすくなります。

悪玉菌には大腸菌・ブドウ球菌・緑膿菌・ウェルシュ菌等がありますが、病原性を持っているものもあります。

悪玉菌の働き

悪玉菌は肉や油の多い食事ばかりとっていると増えやすくなります。

悪玉菌は肉類等のタンパク質をエネルギーにしていて、腸内環境を悪くして免疫力を低下させ、便秘や下痢を起こし、アンモニア・硫化水素・インドール等の有害物質や発ガン性物質を作り、腐敗させます。

悪玉菌でいっぱいになった状態を長く続けると、生活習慣病やがんになってしまいます。

私たちは悪玉菌を増やさないように気を付けなければいけません。

 

悪玉菌を増やさないための方法は、食物繊維を多く含む野菜や海草、乳酸菌・ビフィズス菌が含まれる食事を毎日とることです。

これらの食品を毎日食べていれば、腸内に善玉菌が増え腸内環境が良くなります。

腸内環境が良くなると、消化活動が活発になりビタミンの合成で免疫力もアップして、便通も良くなります。


悪玉菌は女性の大敵

悪玉菌が増えると女性にとっては最悪な事態が起こります。

それは、悪玉菌が原因で毒素の含まれた血液が体中を巡りニキビやくすみや肌荒れの原因になるからです。

さらに、腸内環境が悪くなるせいで新陳代謝も悪くなり、太りやすくなってしまいます。

便秘はウエストを太くしてお腹をポッコリ膨らませ、体重も増加させる恐ろしい症状です。

まとめ

便秘と悪玉菌は密接な関係があることがお分かりいただけたと思います。

私は野菜を沢山食べる方なので食生活は問題ないような気がしていましたが、便秘ぎみということは食生活にもっと食物繊維を取り入れないとダメなんだと改めて気付かされました。

あなたの食生活は大丈夫ですか?

今日から、病気の原因「悪玉菌」を増やさないように心掛けましょう!


このページの先頭へ